えいご漬けファンサイト

えいご漬けの最新情報と全シリーズの紹介。えいご漬けをもっと楽しむためのヒント。大人気の英語学習ソフトで英語漬け!

えいご漬けをやるときには、私はタイプする前に全体を聞き取るようにしています。

英語の音声が流れてくる → すぐにタイプして英文を入力

このやり方だと、全体の意味をつかむ能力が上がらないのです。

聞こえた音声をただタイプしているだけになりがちです。意味をまったく理解しようとしていません。

そこで、音声を聴いたら、まず意味を考えます。それからタイプ。

英語の音声が流れてくる → 全体の意味を把握する → タイプする

このやり方をすると、全体の意味をつかんだ上で、細かい部分まで聞き取ることができるようになります。

ただし、最初のうちは音を聞き取ることに集中して、いきなりタイプしてもいいと思います。

上達してきたら、まず最初に英語全体の意味を掴むようにしてみましょう。

えいご漬けについて書かれたブログ記事を紹介するシリーズ第3弾。

本日ご紹介するのは、エアーバリアブルさんのブログです。

電子・ハード系のテーマを中心に、実にディープな記事が多いです!
頒布品もすごく面白くてディープ!
私のお気に入りのブログです。

その中でえいご漬けの記事は以下です。
えいご漬け卒業

ニンテンドーDSの「えいご漬け」を5年近く、ほぼ毎日やっていたそうです。すごい!
英語が苦手だったそうで、最初は英訳からはじめて、その後で聞き取り練習へ。

ついに「えいご漬け」を卒業して、「もっとえいご漬け」へ。

こうやって学習を継続できるのも、えいご漬けの魅力ではないでしょうか。
普通の英語教材より、ゲーム感覚で少しずつ進めることができます。

記事にもありましたが、「えいご漬け」で単語や構文の勉強になったそうです。会話のためにロゼッタストーンもはじめられているそうです。

本日はエアーバリアブルさんの記事紹介でした。

えいご漬けで英作トレーニング [ダウンロード]
プラト (2014-11-11)
売り上げランキング: 300



2014年11月、久しぶりに「えいご漬け」の新作が登場しました!

Windows版のダウンロードのみです。
パッケージでリリースすると、CD-ROMの初期投資がかかるし、在庫リスクを抱えることにもなる。新作ソフトウェアはダウンロードで出す時代になりました。

今回は、英作文に特徴があります。
直訳(和訳)が示されていて、その英文をタイプするというもの。純粋な英作文トレーニングができます。

ちなみに、ディクテーションのトレーニングはもちろんできます。今までどおり、音声を聞いて、タイプするというのも可能。それに加えて、英作文のトレーニングもできるということ。

英作文といえば、単語の並べ替えで英語を作るシリーズは今までにありました。
今回は、和訳から英語を作るというハードなトレーニングになります。

要するに、言いたいことが日本語で示されて、それをすぐに英語にしなくてはならない。そのレベルの英語を使いこなせないとすぐにはタイプできないはずです。

このトレーニングしておけば、確実に発信型の英語力がつきます。最初から、すべてのえいご漬けシリーズでこのトレーニングが欲しかったところです。

英文のデータ元については、プラトのページに以下の内容がありました。
単語はJACET8000(大学英語教育学会基本語リスト)の語彙頻度リストを元に3000語レベルの単語から選択。
例文は、語彙コントロールして作成しました。語義が複数ある単語には、語義別に例文がついています。


JACET8000は、英語を使って仕事ができるレベルを目標にして、コーパスを使って重要語を選定したリスト。要するに、受験とかではなく、社会人英語の基本語ということです。

社会人の方は、やりがいのあるソフトではないでしょうか。

↑このページのトップヘ