えいご漬けファンサイト

えいご漬けの最新情報と全シリーズの紹介。えいご漬けをもっと楽しむためのヒント。大人気の英語学習ソフトで英語漬け!

久しぶりの更新です。

これから英語学習に役立つ情報も更新していきます。

「えいご漬け」の新しい情報は滅多にないし、1ヶ月間ほど更新しないとFC2ブログは広告が大量に掲載されてしまって、ブログが読み辛くなるので。

今回は、英語学習法についてのお勧めサイトを紹介します。

1.英語学習法ネット

http://www.eigogakushuhou.net/

スピーキング、ライティングといったスキル別で学習法を紹介しています。その他にも、上達のコツ、苦手意識の克服、継続のコツなども。

特に、音読やオーバーラッピングなどの学習メソッドを詳しく解説してあります。

マニアックな内容ではなく、多くの人に適したニュートラルな内容なので、とりあえず英語学習法を知りたいならこのサイトでしょう。


2.英語上達完全マップ

http://homepage3.nifty.com/mutuno/

このサイトは、瞬間英作文の著者が運営している学習法サイト。
音読パッケージ、瞬間英作文を中心に学習法を解説しています。

音読パッケージは、音読やシャドーイングをパッケージを行うもの。
瞬間英作文は、簡単な英作文を口頭でたくさんやるもの。


3.All about 英語学習方法

http://allabout.co.jp/gm/gl/23260/

オールアバウトの英語学習法カテゴリ。
英語学習法について、さまざまな観点から解説しています。
もう少し丁寧にカテゴリわけされていると読みやすいのですが。


ともかく、英語を勉強するためには、なにより方法をしらないと始まりません。
ぜひ勉強法に精通しましょう。

えいご漬けの新作は、もう何年もリリースされていません。
新しい情報がないんです。

ですから、えいご漬けの専門サイトである「えいご漬けファンサイト」としては、ホットな話題がなくてちょっと残念です。

えいご漬けはフェードアウトしてしまうのでしょうか?


1.ディクテーションは廃れない

えいご漬けは「ディクテーション」をタイピングでやるソフトですが、ディクテーション練習は廃れることはないと思います。

同時通訳式のトレーニングらしいのですが、聞き取り能力をあげる優れたトレーニング法です。
英語を身に付けるための絶対に必要だと思います。


2.タイピングでディクテーションするのも廃れない

また、「タイピングでディクテーション」という点も、廃れる要素はないと思います。
PCは当たり前の時代ですから、タッチタイピングができる人は増えています。
手書きよりタイピングで学習したい人は多いはず。

タイピングでやると気軽かつスピーディーに学習できます。
(ただし、ノートに手書きでやると、聞き取れた部分だけを書き出せるというメリットがありますが)


3.単品売り切り教材はお得

iKnowのように、クラウドでディクテーションができるサイトもあります。
単品ソフトを買うより、クラウド型のサービスが主流になっていることは事実です。

ただし、クラウド型のサービスを毎月1000円前後支払うより、3000円前後のえいご漬けを買ってしまった方が、割安であることは事実です。(アマゾンのダウンロードなら2000円ちょっとです)

もともとディクテーションは非常に疲れるトレーニングで、そんなに大量にできません。
えいご漬けを1本買えば、1年以上のトレーニング量があります。

年間1万円以上払うより、2千円ちょっとでえいご漬けを買った方がお得です。


4.無料教材には限界がある

ネットの特性として、「いずれ無料になる」というものがあります。
無料でディクテーションができるサービスが出てくるかもしれません。

ただし、iKnowが唐突に有料になったように、一定期間の客寄せという要素が強いと思います。

無料サービスというのは、唐突にサービスが終わったり、有料化されたりと、モチベーションが下がることが多いです。ケバケバシイ広告だらけだったり。

また、趣味でやっているような無料サイトは、教材の質と量に不安があります。

そして何より、無料学習サイトを探し回って、信頼できるかどうかを気にしながら学習するというのは、面倒なことです。

たいした金額ではないし、英語が上達する大きなメリット(人生に関わる違い)を考えれば、無料にこだわるのは馬鹿げていると思います。

無料なのにコンテンツのレベルが高いというiKnowがあったので、無料教材にかなりの人気が集まりましたが、結局、有料化されてしまいました。(当たり前といえばそれまでですが)
この事例から考えられることは、レベルの高いサービスを無料で受けるのは無理ということだと思います。
低レベルのサービスでいいなら、今もあるでしょうし、これからも出てくるでしょうけど。


ということで、いろいろ考えてみても、えいご漬けが廃れる要素はあまりないように思います。

ただ、販売元のプラトは、えいご漬けに関心をもっていないようです。

おそらく、えいご漬けの新タイトルを出してみても、過去のタイトルと競合してしまうだけだと考えているのかも。


ともかく、当サイトは、えいご漬けの学習者がいるかぎり、続けていきます。
えいご漬けの新しい話題がないので、英語学習全般で役立つ情報も記事にしていきます。

AmazonのPCソフトカテゴリで、ダウンロードできる商品が増えてきました。

えいご漬けも、売れ筋の主要タイトルはダウンロードできます。
(販売停止したタイトルは、パッケージを中古(マーケットプレイス)で買うことになります)

私自身は、えいご漬け関連ソフトはすべてパッケージで持っている(持っていた)ので、ダウンロードを利用したことはありません。

ただし、これからえいご漬けを買う人は、ダウンロード版を検討することになると思います。

Amazonのダウンロードについては、以下のページに詳しい説明があります。

Amazonヘルプ PCソフトダウンロード

ポイントは、アカウントのダウンロードライブラリから、いつでもダウンロードできるということです。

PCの買い替えがあっても、インストールしなおすことができます。
パッケージ版のように荷物にならないし、紛失の心配もありません。

(これは確認した情報ではありませんが、たぶんデータ修正のアップデートは適用されていると思います。たぶん。)

ということで、ダウンロード版があらゆる意味で便利で、これからパッケージが廃れ、ダウンロードが主流になると予想されます。

しかし、一点だけパッケージ版のメリットがありました。
中古として売ることができるという点です。(笑

パッケージ版のメリットは、中古の売買ができるという点に尽きるでしょうね。
やっぱり廃れることはなさそうです。

↑このページのトップヘ