えいご漬けをフルに活用するなら、以前書いたように「音声を聴きながらシャドーイング」するのが一番だと思います。
えいご漬けのトレーニング(ディクテーション)をする前に、音声を聴きながら何度もシャドーイングをするという学習でした。

今回はそれにプラスするなら、という話。

えいご漬けで学習したセンテンスを暗記してしまいましょう。

英文の暗記というのは語学の王道という話もあって、学習効果が高いらしいです。
トレーニングをしただけで学習を終えてしまうと、結局すぐに忘れてしまうものです。
暗記するくらいに英文に馴染んでおけば、語彙や構文が体に染み込みますから、ライティングや英会話といったアウトプットでも使える英語が身に付きます。

ポイントは、すべてのセンテンスを暗記しようとしないこと。
えいご漬けのトレーニングをしていて、「これだ!」とピンときた英文だけを暗記すればいいんです。

いやいや暗記するのは苦痛でしかないので、覚えたいという英文に触れたときに暗記しましょう。
「この英文は自分で言ってみたいな」とか「これはよく出てきそうだな」とか、何らかの縁?みたいなのを感じた英文を暗記してしまうというやり方です。

1回の学習(1日の学習)につき1つか2つでいいと思いますよ。

<暗記するには>
何度も空で言ってみる。何も見ないで、発声してみることです。
「次の単語は・・・」と考えずに、簡単にすらすら出てくるまで、何度も発声してみましょう。
自然と暗記していると思います。


------

英語の暗記について書かれた他サイトを紹介します。
Higepon’s blog