リテンションという英語学習法があります。

リテンション(retention)とは「記憶」「保持」という意味ですが、英文を聞いて暗唱する学習法です。

英語の初級者あたりの人は、英文をCD音声などで聴いても、聴いたら瞬間から忘れていって、印象的な単語だけをあやふやに覚えているような状態だと思います。

英語の文章を一度聞いただけで、なるべく丸ごと覚えるようにするのがリテンションです。

<学習の手順>
1.英語のワンフレーズを聴く。
2.そのフレーズを暗唱する。

これだけです。
シャドーイングの場合は英文を聴いてすぐに発声していきますが、リテンションは最後まで聴いて発声する(暗唱する)点が異なります。


<注意点>
・もちろん自分の実力より難しい英文では無理です。
・長い英文も無理です。

ということで、ほどほどのレベルで、ほどほどの長さのフレーズで学習するようにしましょう。


そして、このリテンション学習には、えいご漬けがもってこいなのです。

本のテキスト教材(CD付き)だと、CD音声の操作で、ストップとスタートをフレーズ毎に繰り返すのが面倒です。えいご漬けならPC画面を操作しながら、クリック一つで自在にできます。

リテンションの後に、通常のえいご漬け練習(タイピング=ディクテーション)をすれば、学習効果はばっちりではないでしょうか。

えいご漬けというとタイピング(ディクテーション)がすべてのように思われがちですが、いろんな学習法を組み合わせることができるのです。