アマゾンで「えいご漬け」と検索してみました。

すると各種のえいご漬けシリーズに混じって、「えいご三昧」という任天堂DSのソフトがヒットします。↓

学研 えいご三昧DS

「えいご漬け」と「えいご三昧」って意味がほとんど同じ(笑。

ディクテーションソフトなら完全なパクリになりますが、さすがに違うみたい。

えいご三昧は、発音を身に付けるソフトでした。

発音測定機能」が最大の特徴で、DSのマイクに向かって発声するとイントネーションや発音をチェックしてくれます。

学習法としてはシャドーイングやリピーティングがありますが、どっちにしても模範の英文を真似て発声して、それを発音チェックしてくれるというのが基本。

えいご漬けは耳で聞いてタイピングするわけですが、えいご三昧は耳で聞いて発声する。
似ている感じもします。

実は、えいご漬けのシリーズにもバリンガシステムという似たソフトがあります。

ただ、音声認識の精度は、あきらかにえいご三昧の方が評価が高いですね。
えいご三昧は学研がリリースして、発売日も新しいので、最新のアルゴリズムになっているのでしょう。

発音に自信が出ると英語が楽しくなるので、「えいご漬け」に加えて「えいご三昧」を学習すると良いと思います。