えいご漬けファンサイト

えいご漬けの最新情報と全シリーズの紹介。えいご漬けをもっと楽しむためのヒント。大人気の英語学習ソフトで英語漬け!

カテゴリ: 英語学習について

洋楽を聴いていて、どんな歌詞なのか気になったことはないでしょうか。
あるいは、CMとか動画でもいいです。

そんなとき、検索して調べるのもいいですが、自分の耳で何度もディクテーションしてみることをお勧めします。

一度で聞き取れないので、何度も聴くことのできる環境が必要です。
洋画でもCMでも、Youtubeに動画があることが多いので利用してみてください。

完璧に聞き取れなくてもいいんです。
少しでも聞き取れた部分があると、「英語を勉強した甲斐があった」とうれしくなるはずです。

あるいは、「もうちょっと聞き取れるようになりたい」と英語のモチベーションが上がるかも知れません。

そして、もう一つ。
ものすごい大きな「気づき」があります。

えいご漬けはなんて良い教材なんだ」と気づくはずです(笑。

というのも、洋楽などでディクテーションするのは大変です。
「歌は聞き取りずらい」というだけではありません。

・ワンフレーズの繰り返しに向いていない

何度も聴く作業が大変です。
えいご漬けならクリック一つ。

・答えがすぐにわからない

歌詞検索で調べるのは面倒です。(逆に、歌詞付きの動画だと最初から答えがわかってしまう)
えいご漬けならクリック一つ。

ということで、やっぱりえいご漬けをやりたくなるはず

「自分の好きな英文でディクテーション練習ができたら・・・」

そう考えたことはありませんか?

ディクテーションの学習効果を感じる人ほど、そういう願望を持つはずです。
自分の好きな英語教材が「えいご漬け」化されたら最高ですが、それが無理でも、せめて好きな英文でディクテーション練習がしたい。

ハイ、できます。

英文の読み上げソフトを使えばいいんです。
(期待はずれだった方、すいません^^;)

たとえば、以下のサイトはご存知でしょうか。

英文を聴こう! Yahoo!学習

yahoogaku

Yahoo! Japanが提供しているサービスで、英文を入れると読み上げてくれます。
無料です。

<そのサイトを使ってディクテーションする方法>

1.ディクテーションしたい英文を50センテンスくらい用意する。
(英語の名言サイトなどから引用してもいいですね)

2.1センテンスずつ上記ページに英文を入れる。

3.読み上げしたものを聴く。

4.英文を見ないようにして、メモ帳などにタイピングする。

5.ディクテーションできたら、次の英文へ。


これで、一応、「好きな英文でディクテーション練習」はできたことになります。

問題は、読み上げの音声の精度ですね。
昔に比べれば自然な音声になったと言っても、やはり、人間が吹き込んだものには敵いません。

一応、我慢できる水準なので、この記事で紹介してみました。

(高価な読み上げソフトならもっと自然な音声になるかも知れません。)

TOEICを目標にして英語を勉強している方にとって、えいご漬けは有効な学習法です。

えいご漬けはディクテーションをソフトウェアで行う学習ですから、聞き取り能力を向上させることができます。
TOEICのリスニングセクションの対策として、問題文を確実に聴き取って解答する力がつきます。

英語が苦手な方と言うのは、聞き取れた単語から適当に類推するようなリスニングになりがちです。TOEICの場合は、そのレベルだと間違えるように上手く問題ができています。

試しにディクテーションをやってみてください。
びっくりするほど全文聞き取りができなくて驚くと思います。
聴きとれた単語でイメージをふくらませて分かったような気がしていたけど、まったく聴きとれていないんですね。えいご漬けをやってみるとそのことを実感できると思います。

ディクテーションというのは、全文を確実に聞き取るトレーニングですから、TOEICの高得点を上げるのに欠かせません。


<TOEICに特化したえいご漬けシリーズもあります>

新TOEICテスト英単語・熟語マスタリー2000

個人的には、TOEICの単語は普通に英語の勉強をしていれば学習するはずだと思いますので、TOEIC用のえいご漬けである必要はないように感じています。
特に、得点が600以下のレベルの方にとっては、「えいご漬け 改訂版」であっても違いはないように思います。

ただ、せっかくTOEICのために勉強するなら、TOEIC用の教材で効率よく学習したいという方もいるでしょう。そういう方は、上記のえいご漬けを試してみてください。

英語教材の中にも価格が高いものと安いものがあります。

もっとも安い教材としては、ネット上の無料学習コンテンツでしょうか。
高い教材としては、5万円以上するロゼッタストーン、アルクの通販教材(半年程度で4万円くらい)などがあります。

高い教材といっても、英会話スクールに通うことを考えれば、まだ安い方かもしれません。
しかし、数万円の買い物というのは、それなりの出費です。それほど気軽にできるものではないでしょう。
本気で英語を身につけたい社会人なら出せる金額かも知れません。

問題は学習効果ですね。
英語が身につくなら数万円かかっても安いわけです。
学習効果がないなら、あまりに痛い出費となります。

誰にでも絶対に効果のある英語教材はありませんので、やってみないとわかりません。
人気の英語教材であっても、自分には合わなかったということもあります。
ですから、価格の高い教材を購入するのは、それなりの覚悟が必要です。

その点、本屋さんで売っている書籍教材とか、えいご漬けのような教材は、数千円で買えますからコスト的に安心感があります。
問題は、やっぱり学習効果となります。
いくら安くても学習効果がなければ無駄だからです。

その意味でも、えいご漬けは安心感があると思います。
ディクテーションに特化したシンプルな学習法で、多くの人が学習効果を感じているものだからです。
コストパフォーマンスという意味では、最高の英語教材のひとつではないかと私は思います。

↑このページのトップヘ